fc2ブログ

悩みなし!ストレスなし!アラサー女のテキトー日記

言いたい事はハッキリ言いサバサバした “男” みたいな性格の私と生涯を共に歩みたいというチャレンジャー君が現れた!!   2009年1月に結婚。旦那さんとのhappy life日記です!

19:15

23


「8時までにしといて良かったなぁ




お店のあった場所はこの辺りやったよなぁ

真っ暗になってるしお店は閉まってシャッターが下りてるから見つからない



「もう一回戻ってみたら?」



ない




「ホテルからすぐやったよなぁ。ホテルに戻ってバイク屋に行ったらいいねん」



なんとか見つける事ができた~ 19:40




もちろんバイク屋も閉まってる

「チャイムがあるんちゃう


見渡すがない・・・・・



「ハロー」と言いながらシャッターを叩くが誰も出て来ない・・・



「え~

「8時になったら来るやろ、そんな心配せんでも大丈夫や」



20時になっても誰も来ない



隣の店のシャッターを叩いたらおじさんが出て来てくれた

バイク屋を指さしたら知らないと首を振られた

旦那さんが電話を貸して下さいと言うが英語が通じてないのか
電話がないのか首を振られた




バイクだけなら最悪店の前に置いておく事もできるが
パスポートを預けてるのでなんとかしないといけない



シャッターを叩きながら「ハローハロー」と言うが誰も出てきてくれない



20:10



「・・・・まいったな」





「明日am6時の電車やのにどうするよ~」

「最悪、かおり一人で先に帰ったらいい」

「英語も話せないのに帰れるわけないでしょ!!」




「私、ここにいてるからホテルに戻って電話してみて~

電話番号が書かれた申込書の控えを旦那さんに渡す

「あかん1人は危ない



「2人で戻ってる間に来たらどうする
      1人はここにいた方がいい!私は大丈夫やから!!」


「あかん


「この紙渡された時テレホンて言ってはってん。
       電話もらったら来ますって言ってたのかも」




・・・・・・・


「分かったすぐ戻るから

旦那さんバイクでホテル向かって行った



旦那さんを待ってる時シャッターを叩きながら「ハロー」と叫ぶ



そしたら店の中に人影が


「ハローハロー!!」必死に叫ぶと

「オー ソーリー」と奥さんが出て来てくれた



「マイハズバンド テレホン ゴー ホテル」


うんうんと頷く 伝わったよ(笑)



そしたら奥さんの携帯が鳴る


「ハズバンド」と私の方を見たので、携帯貸して下さいと手を出す


「もしもし、シャッター叩きまくってたら出てきてくれたわ~」

「そうかすぐ戻るから


旦那さん、ホテルに戻り片言の英語で電話してと頼んだが英語が伝わらなかったらしい。。。
なんとか伝わったと思ったら「明日じゃだめなの?」と言われ。。。
私が暗闇に一人なので早く戻らないとと必死に説得して電話をかけてもらったと話してました。






「1日1回は何かが起こるな(笑)」

「ほんまやなぁ」









明日は何も起こりませんように。。。。








・・・・・つづく
スポンサーサイト